ABOUT US

(私たちについて)

 

 

CAPOEIRA   ARAIYE 

カポエイラ アライエ

(正式名称:Centro educacional e cultural de Capoeira  Araiye)

 

CAPOEIRA ARAIYE は、2016年11月に設立されました。

Mestrando Neguinho (メストランド ネギーニョ)の指導の下、カポエイラの技術・知識・楽しさを学ぶとともに、地域のイベントにも積極的に参加し、カポエイラとブラジル文化を広めるための活動を行っています。現在、日本では主に神奈川・茨城・群馬・栃木・埼玉・千葉・東京で活動をしています。埼玉クラスのホームページはコチラ。

また、カポエイラの本場ブラジルにも支部があります。

代表者

 

Mestrando Neguinho

(メストランド  ネギーニョ)

 ブラジル・バイーアにて7歳からカポエイラを始め、15歳の若さにして指導者となる。2004年に来日して以来、カポエイラの指導を行うと共に、カポエイラやブラジル文化を広めるための活動を行っている。

関東では数少ないブラジル人講師の一人であり、日本国内でトップクラスのカポエィリスタの一人。

昇段式

BATIZADO  e  Troca de cordas

(バチザード&トロッカ ヂ コルダス)

 

 BATIZADO(バチザード)とは、キリスト教でいう洗礼式にあたるもので、グループに加入した生徒がカポエイラのRODA(輪、円)の中で師範または上級者とカポエイラのJOGO(ゲーム)を行い、グループの師範より初めての帯を与えられる授与式あるいは儀式のようなものです。それによって初めての帯を与えられた生徒はカポエイラのグループの一員であることを正式に認められます。

また、すでにBATIZADOを受けている生徒は、自分のレベルにあった色のCORDA(コルダ:帯)が与えられます。

 BATIZADO(バチザード)は生徒たちが日頃学んできたことをアピールする場所でもあると共に、様々なレベルのカポエィリスタ(カポエイラを行う者)の集う交流の場であり、カポエイラへの理解を深める勉強の場でもあります。カポエィリスタにとってBATIZADOは最も特別で大切なイベントです。

 

帯のシステム

(Sistema de Gradeação)

私たちCapoeira Araiye では、カポエイラの経験や知識の度合いとして「帯」のシステムを採用しています。帯はカポエイラの習熟度に応じて色が異なり、その色は動物、植物、鉱物など自然界のイメージに基づいて設定されています。

アライエの段位、帯システム

 

子供(3歳~9歳)の段位、帯の色

 1段階目:グレー&黄色

 2段階目:グレー&オレンジ

 3段階目:グレー&青

 4段階目:グレー&緑

 5段階目:グレー&紫

 6段階目:グレー&茶色

 

 

大人(10歳以上の子供も含まれる)の段位、帯の色

 

生徒 1段階目:色無し&黄色

   2段階目:色無し&オレンジ

   3段階目:色無し&青

   4段階目:黄色

   5段階目:黄色&オレンジ

   6段階目:オレンジ

   7段階目:オレンジ&青

 

グラドアード

(卒業生徒。自分のクラスを持つことが許可される)

   1段階目:青

   2段階目:青&緑

   3段階目:緑

   4段階目:緑&紫

   

インストラクター(先生) 

   1段階目:紫

   2段階目:紫&茶色

   

プロフェッソール(先生)

   1段階目:茶色

   2段階目:茶色&赤

 

メストランド(準師範)

    赤

 

メストレ(師範)

    赤&白

 

メストレ(最高師範)

    白